プロバイダって?

 

みなさんは、「プロバイダ」ときいて、すぐに何の事か答えられますか?

 

みなさんにも、すっかりお馴染みの言葉になってきた「プロバイダ」ですよね。
「プロバイダ」は、パソコンをやっている方なら、きっとどなたでもご存知のはずですね。

 

ご存知ない方のために、プロバイダとは何かの説明をしましょう。
プロバイダと言う言葉は「インターネットサービスプロバイダ」を略して呼んでいます。
英語で書けば、「Internet・Service・Provider」です。
パソコン、携帯、他の機器から、インターネットに接続するには、このサービスを通さなければいけないのです。
接続サービスを提供している団体や企業のことをプロバイダと呼んでいます。
時には、略してISPなどと呼ばれることもあるのです。
ちなみに、日本だとプロバイダは電気通信事業者と言うことになるのです。

 

プロバイダの主な業務内容と言えば、メインはインターネットへの接続サービスを提供することなのです。
その他、付帯するサービスもあるのです。
例えば、みなさんが使用している電子メール。
このアカウントを提供したり、ホームページなどのウェブページ公開用スペースを提供したりもしていますよね。
それから、プロバイダ独自によるポータルサイトも、運営しているのです。
それらのコンテンツサービスも、提供しています。
まだ、近頃では、IP電話などブロードバンド回線を使っての付帯サービスも、とても多くなっていますよね。

 

また、ユーザーのために、サポートサービスの提供もしているのです。
トラブルを解決したり、質問に答えたりと言う契約者が、ネットを使う上で問題を抱えた時に助けてくれる便利なサービスですよね。

 

    

人気のあるプロバイダーサイト

 

プロバイダー料金
人気のプロバイダー10社を徹底比較してランキング。また、プロバイダー料金の相場やプロバイダー料金の節約の仕方、賢いプロバイダーの選び方などを分かりやすく掲載しています。下記はサイトの一部です。
http://xn--eckwc2b1a4i1dx728bp69c.skr.jp/

 

『インターネットのサービス利用料金は、全体としての金額はともかく、内訳は結構複雑な構造になっている事が多く見受けられます。
例えば、ある家庭で光ファイバーインターネット接続を利用すると、一般的な料金内訳は「プロバイダー料金」「回線使用料(NTTなど)」「回線接続機器レンタル料」「屋内回線利用料」と言った具合に成ります。
この内、回線使用料と屋内回線使用料と言った回線関係の料金は、そのインターネット回線を物理的に提供している業者へと支払われる費用です。そして、プロバイダー料金というものがインターネットサービスプロバイダーに支払われる費用となります。』